髪が傷みにくい中性ベースのヘアカラー

アトリエクイーンで使用しているヘアカラー剤は、中性のヘアカラー剤をベースに必要に応じて適量のアルカリ剤を配合できる、髪の傷みにくいヘアカラー剤です。


すでにアルカリ剤が配合されている一般的なヘアカラー剤よりも、自分で調合できるために頭皮への刺激を軽減することができ、刺激臭も退色も少なめです。


中性ヘアカラーは知識がないと複雑で調合できないために、多くの美容室では使われていませんが理想のヘアカラー剤です。


また、退色しやすい方には髪を少しでも傷めないように、後々リタッチで済むように退色しにくい色素を調合します。


一般的なヘアカラー剤で毛先まで染毛しているようでは、ホームカラー(泡カラー)と一緒でプロの技術とは言えませんが、カラーやパーマをする上で、上手な美容師ほどリタッチカラーで済むようになります。


毛先までのカラーリングは、回数が増えるほど髪の傷みとともに退色が増し、パーマのウェーブダウンもともないます。

カラーリングをしている方は多いですけど、髪が傷む傷まないはホームヘアケアの影響も大きいですから、ノンシリコンだとかオーガニックだとかではなく、シャンプーの洗浄成分ぐらいは勉強して選べることが必要です。