一席だけの貸切プライベートサロン

私、失敗しないので

一人でやっている一席だけの貸切プライベートヘアサロン。


ご予約はご紹介かウェブページを閲覧した方に限ってお受けし、オリジナル・ヘアケアブランドの販売と通販をしています。


30代40代50代の方が多い、あえて看板を出さない完全予約制の美容室。


実演動画を公開したのはアトリエを改装する前です。


動画は一例であり、年月が経過していますので現在はもっと上手いですよ。


2本のデジタルパーマのスタイリング動画では、髪が濡れているときから仕上がりまでの一部始終を完全ノーカットで実演します。


ショートカットやミディアム~セミロングは簡単すぎるので、難しいロングレイヤーのデジタルパーマで実演しますが、スタイリングは手で乾かすだけでコテ巻きもスタイリング剤も不要です。


ノーカットの実演動画(20分)で説明していますが、私はその弱酸性デジタルパーマを日本で一番最初にメニューとして開始した元祖でありパイオニアです。


アトリエクイーンは1対1の貸切プライベート美容室の元祖でもあるために、手間暇を惜しまず2006年に究極のクイーン式デジタルパーマを完成できました。


ヘアデザイナー 本岡あきら

新規の割引いたしません。クーポン割引いたしません。私、失敗しないので。

東京都出身。既婚。

ノーカット / 6本の動画

パーマがかかりにくい髪質?w

パーマがかからない髪質やとれる髪質に、初めてのパーマはかかりにくいだのがそこら中にあふれています。


世の中にかかりにくい髪質が多すぎるのね。


でも、本当のところは???です^^


アトリエクイーンに来店されたお客さんも、皆さんがかかりにくい髪質といわれていました。


ですが、私が担当しているお客さんにかかりにくい髪質の方はいません。


かけられない技術不足を髪質のせいにしている美容師が多いだけだから、本当はそんなにいるわけがないでしょw


技術不足でかかっていないだけならまだいいのですが、新規さんでは髪が傷みすぎの方が珍しくない現実。


アトリエクイーンでは、初めてのパーマだろうが他店では何度とかからなかった方でも、髪が傷みすぎていなければ余裕でかかります。


究極のクイーン式デジタルパーマ


私がシャンプードライをすることで分かりますけど、かかりやすい髪質ですよと何度いったことだかわかりません。


失敗して髪が傷む前に私に見せるのが賢明ですが、パーマにはヘアカットの良し悪しも重要です。


下手なカットは直さないと話になりません


カットとパーマで作るヘアスタイルは、美容師の仕事で最も難しい技術といえます。


パーマの苦手な美容師が多いですが、パーマの基本は土台であるヘアカットです。


したがって、パーマの得意な美容師は当たり前にカットも得意です。


つけがたまるとホームヘアケアも学習する必要があります。


スタイリング剤は必要?不要?


そんなものは無用です!w



ヘナをしているとパーマがかかりにくい?


ヘアマニキュアをしているとパーマがかからない?


シリコンシャンプーを使うとパーマがかからない?


良く聞く質問です^^


ヘナやヘアマニキュアをしていても問題はありません。


キッパリ!


ノンシリコンブームがありましたけど、シリコンが悪いのではなく、洗浄成分が安物だから寝ぼけたブームに繋がったようなものです。


天然のオイルに対しシリコンはサラサラの人口オイルです。


そもそも、シリコンは単一だとオイルなのにサラサラなのを知っていますか?


網目構造なので空気も通しますよ^^


医療にも使われますし、極めて質の高い安全性が確立されています。


パーマはかかるし毛穴が詰まることもありませんw


実験もされ確立しています。


要は的確にかけることができる技術が足りないのが本当のところ。


技術不足は隠したいので、もれなく髪質かヘナやヘアマニキュアかシリコンが言い訳のネタになりますw


なので、美容室や美容師の選び方は学習も必要ですが、ほとんど髪を傷めないでしっかりとかかるレベルになると、良いお医者さんを探すよりも大変です。


確実に言えることは、できる美容師ならばクーポン割引や新規の割引をしませんし、お金で購入したヘアモデル(ヘアスタイル)の画像など使いません。


コテで小細工した偽パーマの画像ではなく、ノーカットの動画で一部始終を実演できますからね。


ヘアマニキュアは得意でしたが現在はしていません。


理由は縮毛矯正と同様に必要性を感じなくなったからです。


ヘナは好きになれないのでしていませんが、家でヘナをされている方(自分で)は意外と多いです。


それなりには染まっていますので、美容室でするのと大差ないなら自分でするほうがおすすめですね。


なるべく傷めないで綺麗に染めたい方ならば、アトリエクイーンの中性ベースのヘアカラーがおすすめです。


パッチテストもご相談ください。



これもよくありがちなこと。


パーマがかからない、パーマがとれやすい。


そして、デジタルパーマの後ろがかかっていない。


まぁ~、きりがないので簡単にw


もともと後ろ側はパーマがかかりにくいんですね。


なので、


上手い美容師ならばですが、そんなことは百も承知なのでかけられるんです。


それが職人の世界です。


ちなみに、次にかかりにくいのは右サイドですよ。


かかり具合をコントロールできるのが、上手い職人美容師なわけです。


デジタルパーマの後ろの乾かし方?


家でのヘアケアが合格ならばだけど、本来は自然乾燥でも十分だし、それが的確にかかっているデジタルパーマです。


的確というのは職人ならではで、経験も必要なので難しい仕事なのですよ。


素人さんが思うよりも^^



デジタルパーマの乾かし方?


後ろの乾かし方?


ネットで良く見ますけど、デジタルパーマの乾かし方は自然乾燥でも十分ですし、スタイリング剤も不要です。


ネットでありがちなことは、的確にかかっていないだけのことです。


実演動画では、ワンメリカトリートメントだけでスタイリングをしますが、違いを見せるためにあえて豪快な乾かし方をしていますw


なんにしても、


お洒落な美容室ではなく、上手な美容師で選べるようになりましょう。



本当の髪質改善とは、可能な限りパーマやカラーの傷みを軽減し、優れたシャンプーで髪をいたわりながら、トリートメントで髪の傷みを加速させないというのが正しい認識です。


当たり前で簡単なことができていないのが世の常です。


当たり前の本質が伝わらないのも世の常です。


それなりの年齢になったなら、クーポン割引が中心のような美容室は卒業しましょう。


年齢相応に、綺麗な白髪染めや素敵なパーマをしたいなら、自分が使っているシャンプーの洗浄成分ぐらいは学習しましょう。


料金が高い美容院と安い美容院の違い?w


詳しくはこちらが参考になります。


髪が傷みやすいシャンプーの洗浄成分を明記しときます。


水の近くにラウリル硫酸かラウレス硫酸の文字があればアウトです。


どうぞ今すぐにでも確認してください。


また、エタノールと防腐剤について、パラベンがよく使われる理由、天然オイルとシリコンオイルなど、こちらで必要なことを分かりやすく説明しています。