一席だけの貸切プライベートサロン

私、失敗しないので

一人でやっている一席だけの貸切プライベートヘアサロン。


ご予約はご紹介かウェブページを閲覧した方に限ってお受けし、オリジナル・ヘアケアブランドの販売と通販をしています。


30代40代50代の方が多い、あえて看板を出さない完全予約制の美容室。


実演動画を公開したのはアトリエを改装する前です。


動画は一例であり、年月が経過していますので現在はもっと上手いですよ。


2本のデジタルパーマのスタイリング動画では、髪が濡れているときから仕上がりまでの一部始終を完全ノーカットで実演します。


ショートカットやミディアム~セミロングは簡単すぎるので、難しいロングレイヤーのデジタルパーマで実演しますが、スタイリングは手で乾かすだけでコテ巻きもスタイリング剤も不要です。


ノーカットの実演動画(20分)で説明していますが、私はその弱酸性デジタルパーマを日本で一番最初にメニューとして開始した元祖でありパイオニアです。


アトリエクイーンは1対1の貸切プライベート美容室の元祖でもあるために、手間暇を惜しまず2006年に究極のクイーン式デジタルパーマを完成できました。


ヘアデザイナー 本岡あきら

新規の割引いたしません。クーポン割引いたしません。私、失敗しないので。

東京都出身。既婚。

ノーカット / 6本の動画

ヘアカラーで髪が傷む原因

アトリエクイーンでは、髪の傷みにくい中性ベースのヘアカラー剤を使用しています。


ヘアカラーで髪が傷む原因になるアルカリ剤の配合までも、全てを自分で調合できるために、髪のダメージと頭皮への刺激と薬剤の匂いを軽減できるのが大きな特徴です。


髪の退色も極めて少なく、綺麗な色味を得意とし、頭皮が痛くならないと大好評のヘアカラーです。


アトリエクイーンのお客さんは、30代40代50代の方が多いので、多くの方がヘアカラーとパーマやデジタルパーマもされています。


髪が傷みにくいとはいえ、ヘアカラーとデジタルパーマを両立できるのにはそれなりの理由があるからです。


髪が傷みにくい弱酸性のパーマ液に中性ベースのヘアカラー。


私が開発した髪質改善のシャンプーとトリートメント。


髪のトータルコーディネートは実力派の証です。



あなたが行く美容室のヘアカラーはリタッチ染めですか?


毎回伸びた根元で済む方と、退色の激しい方の全体染めはどちらが傷む?ということですね。


重要なことは、根本のリタッチカラーで済む工夫がされているかいないかの差です。


ホームカラーの方はリタッチカラーをしていますか?


全体を染めた方が綺麗だと思いますか?


綺麗な茶系やグレイヘア染めの方はリタッチカラーだからですよ。


毎回毛先まで染めている方と、根本染めの方では、当然ながら回数でのダメージも違います。


ダメージが増すから退色も増すんです。


全体染めで綺麗になるのは少しの間だけ。


最終的に・・・ですねw


明るめのヘアカラーであっても、アトリエクイーンのお客さんはリタッチカラーがほとんどです。


さらにパーマも両立していますが^^


ホームカラーで真っ黒な白髪染めをすると、綺麗な茶系にはなおせません。


色むらが激しくなってからのヘアカラーは、必ずつけが回ってきます。


ヘアカラーは最初が肝心要ですし、家でのシャンプーがとても重要です。


はっきりいいますが、市販レベルは安かろう悪かろうです。



本当の髪質改善とは、可能な限りパーマやカラーの傷みを軽減し、優れたシャンプーで髪をいたわりながら、トリートメントで髪の傷みを加速させないというのが正しい認識です。


当たり前で簡単なことができていないのが世の常です。


当たり前の本質が伝わらないのも世の常です。


それなりの年齢になったなら、クーポン割引が中心のような美容室は卒業しましょう。


年齢相応に、綺麗な白髪染めや素敵なパーマをしたいなら、自分が使っているシャンプーの洗浄成分ぐらいは学習しましょう。


料金が高い美容院と安い美容院の違い?w


詳しくはこちらが参考になります。


髪が傷みやすいシャンプーの洗浄成分を明記しときます。


水の近くにラウリル硫酸かラウレス硫酸の文字があればアウトです。


どうぞ今すぐにでも確認してください。


また、エタノールと防腐剤について、パラベンがよく使われる理由、天然オイルとシリコンオイルなど、こちらで必要なことを分かりやすく説明しています。