一席だけの貸切プライベートサロン

私、失敗しないので

一人でやっている一席だけの貸切プライベートヘアサロン。


ご予約はご紹介かウェブページを閲覧した方に限ってお受けし、オリジナル・ヘアケアブランドの販売と通販をしています。


30代40代50代の方が多い、あえて看板を出さない完全予約制の美容室。


実演動画を公開したのはアトリエを改装する前です。


動画は一例であり、年月が経過していますので現在はもっと上手いですよ。


2本のデジタルパーマのスタイリング動画では、髪が濡れているときから仕上がりまでの一部始終を完全ノーカットで実演します。


ショートカットやミディアム~セミロングは簡単すぎるので、難しいロングレイヤーのデジタルパーマで実演しますが、スタイリングは手で乾かすだけでコテ巻きもスタイリング剤も不要です。


ノーカットの実演動画(20分)で説明していますが、私はその弱酸性デジタルパーマを日本で一番最初にメニューとして開始した元祖でありパイオニアです。


アトリエクイーンは1対1の貸切プライベート美容室の元祖でもあるために、手間暇を惜しまず2006年に究極のクイーン式デジタルパーマを完成できました。


ヘアデザイナー 本岡あきら

新規の割引いたしません。クーポン割引いたしません。私、失敗しないので。

東京都出身。既婚。

ノーカット / 6本の動画

上手い美容師と下手な美容師の見分け方や特徴は単純明快

下手な美容師が多すぎるということを良く耳にしますが、美容師はお客さんで失敗をしながら年月をかけて少しずつ上手くなっていく職業です。


そして、多くの美容師は技術が上手くなる前に美容師を辞めていきます。


30代までに見切りをつけるのが一般的であり、ほとんどの美容師が辞めていく年齢が20代30代です。


他の専門職や技術職に比べて下手くそが多いのも当たり前の業界なわけです。


ネットで分かる時代なので隠す必要もありませんが、どブラックな業界だから辞めていきます。


したがって、上手い美容師よりも下手な美容師が多いことは当たり前のことですが、本当に上手い美容師ならば口先や能書きではなく、小細工のできない動画で一部始終を見せられます。


技術に自信のない美容師ならば、上手い下手が一目瞭然になる動画を公開したくはないでしょう。


カットやパーマが上手い美容師と下手な美容師の見分け方や特徴などは、本当は単純明快なことなんですが、美容室業界的には都合の悪いことが多くなりますw


この先は、


下手な美容師にしか出会ったことがない。


いつも可笑しな髪型にされるけど原因が分からない。


そんな方に読んでもらいたいと思います。


美容室での失敗談はネットだけでも数知れずですからね。


生涯で失敗することを考えれば100回以上だってありえますし、失敗していることに気がついていないだけの人がほとんどです。


素人さんに分かるような失敗はど下手な美容師に当たった場合であり、下手な美容師の場合だとこんなものなのかな?で終わっているだけだと思います。


男性は女性の髪型がヤボったいと思っていても中々いえませんw


髪型が素敵になったと思われれば話になることもあるでしょう。


素敵な髪型をしているのか、ヤボったい髪型だと思われているのかは、意外と分かりやすいんですね^^


上手い美容室を探しているつもりの方も多いと思いますが、残念ながら探しているつもりなだけです。


ホットペッパーではクーポン割引とヘアスタイルの画像を見ますよね。


本当に上手い美容室がホットペッパーのリクルートに毎月数十万もの掲載料を払い、なおかつ割引までしていると思いますか?


する必要がありませんよ^^


私は一度も掲載したことがありませんが、ホットペッパーは美容師の養成所を掲載しているようなものだと思いますし、ヘアスタイルの画像は販売されていて美容室業界では周知の事実です。


知らない方が多いですが、お金で購入したヘアスタイルの画像を、自分の作品のようにクーポンサイトやウェブページに載せている美容師や美容室が多い現実。


嘘の担当美容師名を付け加えることも横行していますし、こて巻きやカーラーで作った偽のパーマが当たり前です。


ヘアスタイルの画像販売を目的とした撮影では、カットもカラーもパーマも同じ美容室でしているのではなく、こてなどを使ったスタイリングだけが仕事です。


水でパーマをかけているような画像(実際はかけていない)を撮り、最後にこて巻きをするだけの美容師も存在しますから、パーマをかけているような画像も信用できません。


ありがちな画像の特徴と詳細は、ヘアスタイルの画像販売や購入で検索をすれば分かります。


業界の裏側では何でもありなんですが、個人的には恥ずかしくて使えませんよ。


下手なのでお金を出してまでヘアモデルの画像を購入していますといっているようなものですからね。


そもそも、上手いと思う画像は少ないし、普通のお客さんがポーズを決めてドヤ顔を出しますか?w


ヘアスタイルは日頃のお客さんでこそ意味があるわけで、わざわざヘアモデルを募集していることも可笑しな話です。


正面から見るモデルの画像は雰囲気もありますので、ヘアスタイルを見せる場合は横と後ろを見せてください。


プロは横と後ろ側でこて巻きをしていない本当の前側のカットやパーマが分かります。


素人さんには正面のイメージと違う感じがすると思いますが、モデルの顔ではなく、横と後ろ側で本当のカットや偽パーマを観察してみてください。


見抜ければ達人ですが、見抜けない方はおまかせが賢明です。


パーマがかからない髪質やとれる髪質に、初めてのパーマはかかりにくいだのがそこら中にあふれています。


世の中にかかりにくい髪質が多すぎるのね。


でも、本当のところは???です^^


アトリエクイーンに来店されたお客さんも、皆さんがかかりにくい髪質といわれていました。


ですが、私が担当しているお客さんにかかりにくい髪質の方はいません。


かけられない技術不足を髪質のせいにしている美容師が多いだけだから、本当はそんなにいるわけがないでしょw


技術不足でかかっていないだけならまだいいのですが、新規さんでは髪が傷みすぎの方が珍しくない現実。


アトリエクイーンでは、初めてのパーマだろうがヘナやヘアマニキュアをしていようが、他店では何度とかからなかった方でも、髪が傷みすぎていなければ余裕でかかります。


私がシャンプードライをすることで分かりますけど、かかりやすい髪質ですよと何度いったことだかわかりません。


パーマがかからない髪質?とれる髪質?


クイーン式デジタルパーマの持ちは平均で8ヵ月が当たり前ですが、次のデジタルパーマをかけるまでの間にメンテナンスのカットをすることで、かけたてとは違う風合いも楽しめます。


髪のダメージなど気になるレベルではないので、10年以上もかけつづけている方が珍しくもありません。(ホームケアは重要)


パーマの良し悪しは、ありがちなパーマの種類ではなく、そのパーマを最大限に活用できる担当美容師の技術力と、手間暇を惜しまない経営努力です。


失敗して髪が傷む前に私に見せるのが賢明ですが、パーマにはヘアカットの良し悪しも重要です。


下手なカットは直さないと話になりません。


カットとパーマで作るヘアスタイルは、美容師の仕事で最も難しい技術といえます。


パーマの苦手な美容師が多いですが、パーマの基本は土台であるヘアカットです。


したがって、パーマの得意な美容師は当たり前にカットも得意です。


カットが得意というならば、ショートでもロングでも、くせ毛のカットでもパーマのカットでも、ヘアスタイルに関係なく得意といってほしいものです。


ショートカットが上手い美容師はカットが上手いは都市伝説


本当はロングレイヤーやパーマが下手な裏返しです。


リンク先でいうロングとは、ありきたりの梳くだけロングではなく、顔回りから全体に計算されたレイヤーを施している場合であり、こて巻きで誤魔化すだけのロングではありません。


適当に梳くだけなら素人さんでもできますよねw


都市伝説になる大きな要因だと思います。


基礎的なカットも完全にできないままに、若い美容師を教えるしかない美容室業界になってしまった現実が表れています。


誰もが考えそうなことで失敗しないのなら、誰もが美容室で失敗などしていない訳ですが、失敗から学習できる人は少数なのが現実です。


そもそも、失敗しない美容室の選び方ではなく、失敗しない美容師の選び方や見分け方です。


お洒落な美容室ではなく、上手な美容師で選べるようになりましょう。


美容室は美容師の作品ではなく建築士や大工さんの作品です。


お金を出せれば美容師ではなくても作れる箱物ですが、お洒落な高級マンションに住んでいなければセンスがないと言われているようなものですよw


そもそも、美容室に豪華な内装やインテリアを求めている方がどれだけいるのでしょうか?


カットだけで2万円以上払える方ばかりなら必要経費だと思いますけどね。


ちなみにニューヨークのセレブはカットだけで10万円以上です。


価格競争の中、料金が安いのに内装に経費をかけ過ぎている美容室は多いです。


なので、美容師の労働環境は超どブラックですし、美容師を辞めていく美容師が後を絶たないのです。


ホットペッパーから抜け出せない美容室の美容師は仕事が嫌になります。


理由は分かると思いますが、もしも分からない方は失敗談が数知れないと断言できます。


同じ美容室でも美容師が100人いれば技術力も100段階で違います。


今どきは、青山や表参道だから上手い美容師なのかと思うお客さんは珍しいですけど、どこで働こうが下手は下手ですw


本当に自信があり上手ければ独立をするわけで、最近ならばシェア美容室(レンタル美容室)でフリーランスの道もあります。


シェア美容室のフリーランスであれば、資金がなくても簡単に都心部でも独立をできる時代です。


いつまでもブラックなヘアサロンにいるのではなく、これからの美容師には良い時代です。


ブラックなヘアサロンでは経験を積み、上手くなったら独立後に適正料金という流れですね。


もちろん誰でも上手くいくわけではありませんが、自分専用のアトリエを持つ前の準備段階として良い経験になると思います。


そして、ベテランの美容師だったのに下手だったという経験がある方もいますよね。


ややこしいことになる大きな原因ですね。


大きな声では言えませんが、本当に多い・・・w


ズバリ、ベテランなのに下手な美容師は若い頃にど下手だったからです。


ど下手から下手に少しは上手くなったということだけど、当たり前に医者でも料理人でも同じことです。


現役である以上、キャリアや年齢とともに下手に戻るなんてことはありえないことです。


ただし、センスがなさすぎるベテラン美容師が多いのでややこしくなります。


感性は天性のものだからどうにもなりませんw


人には向き不向きもありますからね。


なので、30才にもなれば悩む美容師は多いし、美容師を辞めていく美容師は数知れずです。


下手な美容師になるだけなら簡単なことですが、40才50才60才と走り続けられる美容師は一握りなのが現実です。


また、美容師一人の個人力ではなく、ヘアサロンの力でお客さんが来店している場合、下手でも店長や経営者になる美容師は珍しくありません。


キャリアが長くても上手いとは限らない。


しかし、上手い美容師は経験も豊富であることが多い。


また、料金が高くても上手いとは限らない。


しかし、上手い美容師は技術の安売りをしない場合が多い。


答えは、才能がある美容師が経験を積むことで上手くなれます。


才能があっても努力なしでは駄目だし、努力をしても才能がなければ難しいということです。


更に、営業方針(環境)も影響します。


キャリアも10年から先は量より質が重要になります。


最終的には仕事を楽しめないようでは無理ですね。


一人でやろうがマンツーマンだろうが下手は下手ですが、一人でやりたいのと仕方なく一人でやるのでは雲泥の差です。


席が沢山あるのに美容師が一人というのは可笑しいですよねw


クーポン割引ばかりしている美容室にはそれなりの理由があるからです。


いつも割引をしている美容室の通常料金というのは、架空の料金設定なので割引後が本当の通常料金です。


割引期間は更新されますし、新規の割引以外にも再来店の割引があり、架空の通常料金を支払っているお客さんはいませんねw


最初からクーポン割引後の料金を通常料金にすれば済むことですが、しない理由が瞬時に分かる方なら失敗をする確率が少しは減るかもしれません。


少しはですよ^^


同じような料理でも、凄く美味しい、美味しい、普通、不味いとは経験値なので、似たり寄ったりの中で比較をしても食べ比べたことにはなりません。


美容師の技術は普通と不味いが9割以上です。


本当に上手い美容師は一割もいません。


キッパリ!


キャリアがあっても下手な美容師が沢山いるわけですからねw


ヘアケアの選び方や見分け方でも、美容室の選び方や見分け方と共通する部分が多いです。


美容室で失敗をすることが多い人は、ホームヘアケアの選び方でも失敗をしているものです。


失敗をしている自覚はないでしょうが、要は正しい勉強をしないと騙されやすいのが世の中です。


髪が傷みやすいシャンプーの洗浄成分を明記しときます。


水の近くにラウリル硫酸かラウレス硫酸の文字があればアウトです。


ノンシリコンブームがありましたけど、シリコンが悪いのではなく、洗浄成分が安物だから寝ぼけたブームに繋がったようなものです。


天然のオイルに対しシリコンはサラサラの人口オイルです。


そもそも、シリコンは単一だとオイルなのにサラサラなのを知っていますか?


網目構造なので空気も通しますよ^^


医療にも使われますし、極めて質の高い安全性が確立されています。


パーマはかかるし毛穴が詰まることもありませんw


実験もされ確立しています。


賢い人は洗浄成分(界面活性剤)や水質で考えられますが、無知な人は香りや容器にとらわれます。


泡立ちの良い石鹸はアルカリ性なので髪を洗うと傷みます。


市販の流さないミストトリートメント(ウォータートリートメント)のエタノール量は、全成分表示で水の次がエタノールであることも珍しくなく、30%以上も配合されている製品が多くあります。


私が開発した流さないミストトリートメントのエタノール量は0.02%ですが、全成分中の0.02%は他の原料に含まれるものであり、エタノールフリー製品同様に安心してお使いいただけます。


アトリエクイーンで使用している消毒液のエタノール量は72%です。


エタノールと水の成分表示を逆にし、油と人口香料と防腐剤を入れれば簡単なミストトリートメントのできあがりです^^


何が言いたいか分かりますか?w


エタノールなどの原料臭を消すには、天然の香料よりも人口の香料が手っ取り早いですが、個人的には強すぎて香りが残るのが苦手です。


天然の自然な香りに比べれば、人口の香りはそれなりだとも思いますので、私の商品は天然の香料100%にしています。


ヘアワックスなどにもエタノールが大量に使われている商品がありますので要注意!


価格が安いと思うけど、成分表示や匂いで分かるでしょ?^^


私のミストトリートメントには、フェノキシエタノールが0.01%とメチルパラベンが0.1%だけしか入っていませんが、防腐剤が入っていなければすぐに腐りますよ。


パラベンは食品添加物にも使われますから、よほどのセレブでないと多少は食べていますよね?w


シャンプーにはメチルパラベンではなくフェノキシエタノールだけですけど、腐敗したシャンプーやトリートメントを使えますか?


パラベンフリーというのは代わりにフェノキシエタノールなどを使っているからですよ。


パラベンフリー、ノンシリコン、無添加、植物由来、天然由来、ボタニカル、オーガニックなどなど、これらは素人さん相手のキャッチで、本当のプロには通用しないものが多いですw


ほんの一例ですけど、何が安全なのかは正しい知識や経験がなければ分からないわけです。


パラベンがよく使われる理由やエタノールと防腐剤について


本当に上手い美容師は一割もいませんが、下手な美容師が多すぎるという前に、ヘアケアでも美容室でも上辺ではない見分け方の勉強をしてほしいと思います。


こてで作った偽パーマのヘアスタイル写真や、お金で大工さんが作った美容室の内装など、上辺だけでしか選べない人が多すぎます。


た・め・い・き・w


カウンセリングにも本当のカウンセリングと上辺だけのカウンセリングがあります。


アトリエクイーンではシャンプードライ(ブロー)の後にカウンセリングを行います。


マンツーマンの担当美容師が髪をリセットすることで、髪の傷み具合、長さのバランス、毛流、くせ毛の特徴がよく分かるようになるからです。


ウエットカットやチェックカットのようなドライカットではなく、フルのドライカット専門店ならではのやり方でもあります。


髪を濡らしてカットをする基礎的なやり方だけしか知らない方には、何をいっているのか分からないかもですね^^


早い話が、髪が濡れている状態でできあがりを想像できますか?


寝ぐせのような乾いた状態でできあがりを想像できますか?


ということです。


くせ毛のカットではカットの前の乾かし方にもコツが必要なので、フルのドライカットと流れ作業ではないマンツーマンの施術が必要不可欠です。


くせ毛のカットが得意な美容師とは、くせ毛を活かすカットやパーマが上手な美容師といえます。


くせ毛にもよりますが、パーマとくせ毛は曲がった素材で創意工夫をする共通性があります。


まっすぐな素材もまともに扱えない技術のカットでは、曲がった素材を創意工夫することなど到底できません。


上手な美容師に巡り合えない方は、自分で気が付いていないだけでいいくせ毛の方もたくさんいます。


そんな方は縮毛矯正やパーマの必要がないのに、下手なカットや縮毛矯正でいいくせ毛をだいなしにされています。


アトリエクイーンでは、くせ毛のカットとヘアケアだけで、素敵なパーマをかけているようなヘアスタイルが可能なのです。


カラーもパーマもしていないのに髪が傷んでいる方も多いと思いますが、そんな方はホームヘアケアのシャンプーに原因があります。


くせ毛は傷んでいるとまとまりません。


粗悪なシャンプーで傷めないことが重要です。


最後に、


お客さんの髪を見ているのは美容師。


その美容師は一人のお客さんの髪を何年見ているのだろうか?


シャンプーから仕上げまでのすべてを、気にかけてマンツーマンで見ているのだろうか?


多くのお客さんの髪を何十年とマンツーマンで向き合い、見てきた美容師にしか分からないことは多い。


答えは、美容室でするトリートメントではなく、家でのヘアケアが髪質改善の近道。


基本は本当の髪質改善シャンプー。


本当の髪質改善とは本来の髪に戻すこと。


髪が直るではなく戻すです。


一度のサロントリートメントではなく、根気よく時間をかけてです。


戻した後は、優れた技術のパーマやカラーであれば髪のお洒落を継続できます。


食器を洗うような洗剤では髪が傷むに決まっていますね。


無謀なパーマやカラーでも傷みすぎるに決まっていますね。


本当の髪質改善とは、可能な限りパーマやカラーの傷みを軽減し、優れたシャンプーで髪をいたわりながら、トリートメントで髪の傷みを加速させないというのが正しい認識です。


当たり前で簡単なことができていないのが世の常です。


当たり前の本質が伝わらないのも世の常です。


カット、パーマ、カラー、ヘアケアと、髪のトータルコーディネート力が必要不可欠になるわけで、正しく言える美容師は極めて少数なのが現実です。


担当美容師にトータルコーディネート力がなければ言えませんからねw


下手な美容室のパーマやカラーで髪を傷めていては、いくらホームケアをしていても良くなることはありません。


なので、美容室の選び方は重要ですし、美容室ではなく美容師の見分け方です。


パーマは苦手、カラーは毎回毛先まで、それでいて髪質改善サロントリートメントなどありえない話です。


アトリエクイーンには有料のサロントリートメントがありません。


無用だからです^^


良く聞く髪質改善ですが、極論をいえば美容師に技術力があってこその話であり、トリートメントレベルの能書きではありません。


洗脳タイプや洗脳されやすい人は分かりやすいですw


高価なシャンプーを業務用では使わない美容室。


料金的にも使えない美容室。


そんな美容室が多いのも現実です。


長文になりましたが、これでも伝えたいことの一部にすぎませんw


私が長く担当しているお客さんであれば、以上のレベルは当たり前です。


なので、それなりのヘアスタイルにもなりますが、たまったツケを取り払うのには月日がかかります。


ケガをするのは一瞬ですが、治療には何倍もの時間や労力が必要です。


それなりの年齢になったなら、クーポン割引が中心のような美容室は卒業しましょう。


年齢相応に、綺麗な白髪染めや素敵なパーマをしたいなら、自分が使っているシャンプーの洗浄成分ぐらいは学習しましょう。


安易な方は何度でも失敗をします。


上手い美容師よりも下手な美容師が多いことは当たり前。